郵便局めぐり(堺・石川・いわき編・写真)(15)

            ☆6.14〜16の3日間は、福島県いわき市の全83局の完訪を目指す貯金旅行を実施しました。
            ★東北南部は6.14の当日より梅雨入り、しかも翌6.15は2ヶ月に一度の年金支給日ということで、問題が大いににある旅行日程となりました。
            ☆遠州浜松からは遠いということで、初日の1局目を1時間遅れの10時と設定。その北茨城華川局は10:10着と、設定より10分遅れでまずは
             スタートしました。
            ★9局目の九面(ここづら)簡易局にて、初の東北入り・福島県入りを果たしました。(郵便局廻りとしても、人生としても初です。)
            ☆錦局は3.15に移転した局で、コンビニ跡に改装した局舎は、異彩を放っていました。駐車場が広くとれており、これも有りかと思いました。
            ★植田岩間簡易局の局看板は『〒 ここが郵便局です』と、親切なものでありました。
            ☆次の東田簡易局の局の名称看板も受託者手作りの見事な作品でした。
            ★初日最終となった磐崎局のすぐ横には、市営の温泉スタンドがあり、局名ゴム印の温泉マークにも納得しました。
            ☆初日は雨の一日となり、傘をさしての局舎撮影など苦労もあり、当初ピックアップしたとおりの27局に終わりました。1局も上積みがなかった
             のが、二日目以降に悪影響を及ぼすことになりました。
            ★二日目は磐城・平・内郷・常磐、さらにできることなら遠野までの40局をノルマとして、真面目に取り組みました。天気は幸いにも梅雨の晴れ間
             となり、雨が降ることはありませんでした。
            ☆前述のとおり年金支給日とあって、午前中の小名浜地域の各局では、順番待ちが生じ我慢の時間が続きました。
            ★いわき中央台局の写真は、ふっき〜さんのHPのトップページにかって掲出していたものと、ほぼ同位置からの撮影でしたが、街路樹が
             剪定されており、だいぶ夏向きのものになっています。        http://shinshupost.tonosama.jp/hy/hyoshi04.html
            ☆このあと、平から内郷の郵便局密集地域を、そこそこ順調にこなしてきましたが、内郷局では順番待ち15分のあと、痛恨の事態が発生して
             しまい、よもやの通帳更新となってしまいました。 ( 内郷郵便局での出来事:詳しくは最下段を参照してください )
            ◎稲生が選んだ素敵な局舎・・・北茨城華川・平潟・錦・植田岩間簡易・いわき鹿島・小名浜北・中之作・いわき中央台・八ツ坂・
             ゆうちょ銀行いわき・内郷御厩・八反田簡易
北茨城華川郵便局 大塚郵便局 橋場郵便局 南中郷郵便局 北茨城郵便局 神岡下簡易郵便局
大津西町郵便局 大津郵便局 平潟郵便局 九面簡易郵便局
関本郵便局 初の福島県入り 勿来酒井郵便局 勿来郵便局
勿来駅前郵便局 錦郵便局 いわき川部郵便局 田人郵便局
錦町山王簡易郵便局 石城山田郵便局 植田郵便局 植田岩間簡易郵便局 東田簡易郵便局
いわき金山郵便局 下川簡易郵便局 いわき泉郵便局 渡辺郵便局
磐崎郵便局 常磐下船尾郵便局 住吉郵便局 いわき鹿島郵便局
小名浜北郵便局 磐城新地郵便局 小名浜西郵便局 小名浜郵便局
小名浜東郵便局 下神白簡易郵便局 中之作郵便局 江名郵便局 豊間郵便局 沼ノ内簡易郵便局
高久郵便局 いわき中央台郵便局 郷ケ丘簡易郵便局 上荒川簡易郵便局
八ツ坂郵便局 ゆうちょ銀行いわき店 平新川町郵便局 平紺屋町郵便局
内郷御厩郵便局 高坂団地簡易郵便局 内郷高坂町郵便局 八反田簡易郵便局

 内郷郵便局での出来事 

簡単に言えば、千円入金のところを千円出金としてしまったという、よくあるケースの間違いであったのだが、局員氏は何を思ったのか、さらに複雑な操作を施したり、なにやら慌ただしく上級局(?)へ問い合わせしたりして時間をかけた挙句、通帳更新をするしか復旧の道はなくなってしまったとのこと。
7,000局を超える郵便局廻りをしていると、過去に入金と出金の間違いは結構遭遇していて、出金を取り消しして改めて入金処理すればよいだけのこと、1局1行のところが3行使うことになるだけ。このような処理はたとえ簡易局でもできることである。
結局、このゴタゴタと更新処理手続きなどで、内郷局には40分以上の滞在となってしまった。(事件発生前の順番待ち15分を含む)
今回のいわき行きの前に、残り18局分が記帳できるのにもかかわらず、地元局であらかじめ通帳更新をしておいたのだが、それはあまり意味のない結果となってしまった。 (通帳更新する時間も惜しいと考えてのことだったのに・・・)

郵便局めぐり(目次)へ  堺・石川・いわき編・明細(15)へ  堺・石川・いわき編・写真(14)へ  堺・石川・いわき編・写真(16)へ