郵便局めぐり(美作・埼玉・千葉編・写真)(22)

            ☆鳴門市内に入り、鳴門鯛と渦潮のお宝ゴム印など、そこそこの歓迎を受け、ようやく吉野川を渡り、ラスト2時間のスパートを掛けた結果、
             徳島蔵本局にて16時となりました。徳島市内は吉野川左岸の4局を含めて16局廻りました。
            ★このあと前述のとおり、時間スライド局の徳島ターミナルビル内局と時間延長局のゆうちょ銀行徳島店に立ち寄りました。(徳島市内、計18局)
            ☆徳島ターミナルビル内局は、日経新聞に来年3月までに廃止予定のリストに入っていますが、当の局員の応対は、‘日光の三猿’のような状態で
             した。(=見ざる、聞かざる、言わざる) 
            ★二日目は、香川県南部の讃岐山脈の北側にある地域からスタートし、旧塩江町から高松市内に下り、時間まで市内を廻る行程です。
            ☆1局目の福栄局と2局目の五名局は、東かがわ市の出張所が同居しておりました。こういう形態は、行政改革の面からもよいことだと思いました。
            ★3局目のさぬき市の多和局のあと、徳島県美馬市となる清水局にも立ち寄りました。
            ☆高松市に入り、旧塩江町の3局のあと、訪問10日前に移転再開した高松東植田簡易局を経由して、三木町の香川大学病院内局へと向かい
             ました。
            ★次の高松前田局で異変が生じました。通帳が機械に入っていかないのです。局員氏が何度か試みましたが改善せず、端末も1台しかないので、
             ATM入金+窓口押印をさせてもらい、次に進みました。このあと、3局は問題なかったものの、4局進んだ浅野局でも同様の状況となり、同様の
             対応をしてもらいました。
            ☆その後7局は何ともなく進み、通帳が次のページへ行ったことで、その後の問題は無くなりました。
            ★12局目の高松林局では、ナビが目的地に案内してくれたところが、工場の入口に見えたため、そこを一周してみましたが、よくわからず電話して
             尋ねてみたところ、工場に見えたものが『香川県産業頭脳化センター』という研究所だと判り、局はその1Fにありました。
            ☆16局目の川岡局では、局長が対応してくれて、娘さんが浜松の文芸大に在学している旨の話からはじまり、遠州のことなど話が弾みました。
            ★このあと、いよいよ高松市中心部に入っていきます。
            ◎稲生が選んだ素敵な局舎・・・喜来簡易・鳴門黒崎・川内・徳島松岡簡易・徳島住吉・五名・上西簡易・高松東植田簡易・高松一宮
喜来簡易郵便局 矢倉簡易郵便局 鳴門郵便局 鳴門斎田郵便局 鳴門黒崎郵便局 鳴門岡崎郵便局
      
鳴門里浦郵便局 恵美寿簡易郵便局 長原簡易郵便局 松茂郵便局
川内郵便局 徳島久木郵便局 徳島松岡簡易郵便局 徳島沖洲郵便局
徳島安宅郵便局 徳島福島郵便局 徳島住吉郵便局 徳島公園前郵便局
徳島助任郵便局 徳島前川郵便局 徳島吉野本町郵便局 徳島田宮郵便局 徳島島田郵便局 徳島不動町郵便局
徳島蔵本郵便局 徳島ターミナルビル内
郵便局
ゆうちょ銀行徳島店 東横イン徳島駅眉山口 福栄郵便局 五名郵便局
多和郵便局 清水郵便局 塩江郵便局 上西簡易郵便局
安原郵便局 高松東植田簡易郵便局 香川大学病院内郵便局 高松前田郵便局
川添郵便局 高松林郵便局 高松仏生山郵便局 浅野郵便局
 大野郵便局 川岡郵便局 高松円座郵便局 高松一宮郵便局 高松太田郵便局 高松田村町郵便局
このあとは、高松市中心部へ。そして、目的の高松コトデンビル内局へ。        
高松南郵便局

郵便局めぐり(目次)へ  美作・埼玉・千葉編・明細(22)へ  美作・埼玉・千葉編・写真(21)へ  美作・埼玉・千葉編・写真(23)へ