郵便局めぐり(香川・福島編・写真)(12)

            ☆高知県に入っても雨は降りやまず、道路状況も心細い中で、局メグはサクサクと進むことはなく、香美市のうちの物部町・香北町を廻り切った
             ところでタイムアップとなりました。
            ★あわよくば土佐山田町までと目論んでいたのですが、初日の成績は計22局に留まりました。
            ☆二日目は初日とは打って変わって晴れの一日で、最高気温は30℃超えの暑い日となりました。
            ★まずは越知町北部の明治・鎌井田・横畠の簡易局よりスタートしました。横畠簡易局は、尾根沿いに散在する天界集落の一つで、私はここを
             ‘高知のチベット’と名付けてみました。
            ☆5局目の大崎局内には、一日局長・武田勝頼のキャラクターがありました。この地が武田家に所縁があることは、初めて知りました。天目山で
             自害して、武田氏は滅亡したというのが、私の知る定説だったからです。
            ★次の名野川局は役場支所との同居でした。前日の大栃局もそうでしたが、こういう形態は利用者にとってもありがたいものだとつくづく思います。
            ☆このあと、旧・仁淀村から旧・吾川村に戻り、さらには旧・池川町を廻り仁淀川町全11局を、ようやく終了しました。噂通りの酷道・険道ばかりです。
            ★いの町に入り、局メグを粛々と進み、17局目の小川局では同業者の訪問の話を伺いましたが、その前後でお会いすることはありませんでした。
            ☆旧・伊野町内まで戻り、枝川局を最後の局として無事二日目を終了。二日目は25局でした。
            ★6.25・26は1泊2日にて新潟遠征をしてきました。関東からの雪国・越後の入口である湯沢・南魚沼と十日町方面です。いずれも、豪雪地帯です
             ので、雪のある時期には、スキーにでも行かない限り、よそ者が決して近づいてはいけない地域です。
            ☆その前に、群馬県で発生した‘落ち穂’である長野原の川原湯簡易局を1局目として訪問しました。八ッ場ダムの建設により、道路の付け替えが
             行なわれ、旧・特定局から簡易局に昨年12.24に変更になっていました。これで群馬県の再完訪です。
            ★そのあと、国道17号・三国街道の三国トンネルを超え、新潟県に入り、苗場スキー場のある三国局へ。移動するのに1時間半ほどかかりました。
            ☆三国局・三俣局はじめ、雪国の郵便局は頑丈な造りの局舎が目立ちます。
            ★9局目となった塩沢局は、塩沢宿の中の景観にマッチした局舎がお洒落でした。
            ◎稲生が選んだ素敵な局舎・・・森山簡易・池川・神谷・枝川・三国・三俣・石打・塩沢
大栃郵便局 安丸郵便局 猪野々簡易郵便局 府内簡易郵便局 永野郵便局 美良布郵便局
香北西川簡易郵便局 コンフォートホテル
高知駅前
明治簡易郵便局 鎌井田簡易郵便局
横畠簡易郵便局 寺村簡易郵便局 大崎郵便局 名野川郵便局
仁淀郵便局 長者郵便局 泉川簡易郵便局 森山簡易郵便局
下名野川簡易郵便局 池川郵便局 用居郵便局 安居簡易郵便局 柳野郵便局 樅ノ木簡易郵便局
小川郵便局  上八川郵便局 下八川簡易郵便局 柳瀬郵便局 勝賀瀬郵便局 神谷郵便局
川内郵便局 伊野郵便局 枝川郵便局 川原湯簡易郵便局
三国郵便局 二居簡易郵便局 二居本陣富沢家跡 三俣郵便局
土樽郵便局 湯沢郵便局 石打郵便局 砂押郵便局
塩沢郵便局 中之島郵便局 越後上田郵便局 六日町郵便局 六日町田中町
簡易郵便局
魚沼二日町
簡易郵便局
このあとは、南魚沼市の大和町東部へ。翌日は十日町市を廻ります。
 五十沢郵便局

郵便局めぐり(目次)へ  香川・福島編・明細(12)へ  香川・福島編・写真(11)へ  香川・福島編・写真(13)へ