ぶらり隠岐諸島めぐり

訪問日15-09-30、10-01  作成日16-01-08  地図

2015年の大きな目標として、隠岐諸島への旅を計画し、秋たけなわの9/30と10/1にそれを実施した。私のとったコース・乗船時間・感想等は次のとおりである。

名古屋から夜行バスで松江駅に向かい、さらに七類港までの直行バス(所要40分@1,000円)に乗り、七類港9:00発の隠岐汽船のフェリー・おきに乗船。片道2時間25分を経て西郷港11:25到着。(@3,240円)
港近くの隠岐ドライブレンタカーにて軽自動車を借りて、島後島内16局を約4時間10分かけ訪問した。
レンタカー返却後、西郷港17:00発の高速船・レインボージェットで中ノ島・菱浦港に渡り(所要33分@2,800円)、港近くの海士マリンポートホテルに宿泊。翌日に備えた。初日の天気は曇り時々晴れだった。
続く二日目の詳細は、下段に記す。

隠岐ドライブレンタカー 隠岐西郷海岸 おき西郷港 同・鬼太郎の碑
二日目は、9時ごろから雨の天候であった。菱浦港8:31発の島前内航船・いそかぜにて知夫里島・来居港に渡り(所要18分@300円)、知夫局までの4㌔の道のりを行きはタクシーを利用し、帰りは徒歩で来居港に戻ったのだが、足弱族の私でも往復徒歩で十分だった。(私でも片道30分足らず)
来居港10:32発で菱浦港10:50着にて戻り、中ノ島島内5局をレンタカーで廻るために隠岐レンタリース島前営業所で手続きをする際に、隠岐汽船のフェリーが時化のための間引きダイヤに変更していることを知らされ、雨中の局メグを終了後、西ノ島へは渡らずに、菱浦港13:10発で七類港15:40着となるフェリー・くにがに乗船した。
菱浦港からは内航船などで西ノ島に渡ることは出来たのだが、もし西ノ島に渡れば、その日は西ノ島・泊となり、予定が狂うため、西ノ島島内3局の局メグは今回は断念することにした。これら3局は後日、リベンジ訪問を期すことになる。
高速船・レインボージェット 海士マリンポートホテル 海士の景色
(ホテル客室より)
菱浦港
島前内航船・待合所 島前内航船・いそかぜ
@菱浦港
島前内航船・いそかぜ
@来居港
フェリーくにが

インデックスへ  郵便局めぐり・香川・福島編・写真(18)へ  ぶらり・目次へ