ぶらり伊豆大島めぐり

訪問日09-06-02  作成日09-06-07  地図

いつもは単独で郵便局廻りにいそしんでいるのだが、年に1度は妻を同行者として、旅行貯金をすることにしている。今年は日帰りの伊豆大島を計画し、梅雨入り前のこの時期に実施することとなった。 なお過去の妻との同行の旅は、下段に記すことにする。今回私たちのとったコース・乗船時間等は次のとおりである。

この日の天気は快晴、無風。二週間前の佐渡島に続き、何の問題もなし。
熱海
港の市営駐車場(時間貸し)にマイカーを置き、9:50発の大島行きジェット船(セブンアイランド夢)に乗船。大島港10:40着。島内はレンタカーを借り、観光半分、局メグ半分ということで実施。(ここまで5600局ほど廻ってきたが、レンタカーの利用は初めてだった)
元町にある大島局(11:00)を手始めに一周道路を時計まわりに,大島北の山簡易局・岡田局・泉津局(11:35)と廻ったあと、大島公園でレッサーパンダなどを見学したりして過ごす。(12:15)
波浮港局(12:50)訪局後、見晴台から港を見学。差木地局(13:10)のあとは道沿いの間伏地層切断面も見学。野増局(13:40)にて全7局の局メグの方は無事終了。元町の港近くの食堂・おともだちで遅めの昼食。(14:00)
このあとは、三原山登山道路を登り、山頂口で三原山を見学・写真撮影。(15:20)
同じ道を降りて、火山博物館(入館料500円)で、昭和61年の全島避難などの様子を撮影したビデオを見て過ごす。(16:45)
ガソリン給油後、レンタカー返却。(17:00)(いくら離島とはいえ@155は高過ぎる。二週間前の佐渡島では@136。ちなみに地元浜松では@111だった。)
元町港発17:15のジェット船(セブンアイランド愛)にて所要時間45分で熱海港到着。(18:00)

妻は独身の頃、添乗の仕事をしており、大島には二度ほど訪れたことがあるそうだ。(私は、初めての大島訪問である。)昭和56年前後だから全島避難となる前だったのだが道路事情が当時とは格段に違っていて、随分よくなったそうだ。三原山山頂口の茶屋は当時とそんなに変わらないとのこと。なお、当時宿泊した大島小涌園は、今はもう営業を中止している。

ジェット船・セブンアイランド夢(元町港にて) 大島公園のレッサーパンダ 見晴台からの波浮港の眺め
大島一周道路標識 大島町役場 大島支庁 三原山登山道路標識
新火口展望台より 三原山頂口より
食事処・おともだち 間伏・地層切断面 火山博物館 ジェット船・セブンアイランド愛(熱海港にて)

 ◎これまでに、妻と同行した郵便局めぐりの一覧

 S56-11-10 静岡・井川  (結婚前)
 H13-06-08 
金谷から岡部まで
 
H14-07-11 京都
 
H14-08-09 秦野・箱根
 
H15-03-24 岡山
 
H15-04-03 倉敷・総社
 
H15-10-07 山手・岡山
 
H15-10-08 総社
 
H16-06-02 岡山
 
H16-06-03 与島   ぶらり瀬戸・与島めぐり
 
H16-12-01 静岡
 H17-07-06 
愛・地球博   ぶらり愛・地球博めぐり
 
H17-10-12 篠島・日間賀島   ぶらり篠島・日間賀島めぐり
 
H18-03-22 善通寺・琴平
 
H18-03-23 玉野・児島 
 
H18-11-15 明治村   ぶらり明治村めぐり
 
H19-10-17 神島・菅島・坂手島   ぶらり神島・菅島・坂手島めぐり
 
H20-10-22 伊勢北部・南勢・紀伊長島・大宮
 
H21-03-25 倉敷児島・綾歌・満濃・高松
 
H21-03-26 岡山東部・瀬戸
 
H21-06-02 伊豆大島   ぶらり伊豆大島めぐり

 今回調べてみてわかったのだが、意外と多く同行していたのだ。 

インデックスへ   郵便局めぐり・北勢・東信・横浜編・写真(15)へ  ぶらり・目次へ