ぶらり備前・犬島めぐり

訪問日10-05-11  作成日10-05-17  地図

息子の岡山県立大(地元では県大という)入学から始まった岡山めぐりも、岡山県は199局を超え、そのうち岡山市は97局を数え残り25局となってきたので、今回は岡山市内を完訪に近づける旅として、東区の犬島をメインに考えた行程で臨んでみた。

山陽自動車道を備前ICで降り、 備前市で移転再開した大渕簡易局を皮切りに13:00発の犬島行きの乗船までに備前市・和気町・赤磐市を7局、岡山市内を8局訪問。
宝伝港13:00発の犬島行きに乗り、まずは目的の場所・備前犬島簡易局へ。
帰りの犬島港14:00発までは、精錬所跡や犬島アートプロジェクト(この日は休館日)の景観を眺めて過ごす。

宝伝港の定期船のりば 定期船から見た犬島 犬島到着
目的の場所
『備前犬島簡易郵便局』
手前に「政権交代ポスター」と遠方に「精錬所の煙突」 精錬所跡の煙突群 あけぼの丸

実は、宝伝駐車場には12:55に到着して、急ぎ足で港まで向かったのだが、20人ほどの団体客がいるものの誰も乗船しておらず、いささか拍子抜け。団体が乗船して出航したのが13:04、その代わり所要8分のところを6分で犬島に到着。
先輩諸氏の訪問記によると、猫が多いとのことであったが、1匹たりとも見当たらず。何があったのか?
郵便配達員の若者とは、行きも帰りも同じ定期船であった。人口は55人(アートプロジェクトHPによる)とのことで、30分くらいで一通りの配達業務はこなせるらしい。
(ところで、宝伝駐車場は舗装がされておらず、雨上がりのため、ぬかるんで大変足場が悪かった。)
このあと、16時のタイムアップまでに8局を訪問。西大寺地区や瀬戸内市は既訪のため、岡山市中区方面に戻るしかなく、多少の回送もあったのだが、この日のトータル24局は上出来であった。

この日を終えたところで、岡山県は223局(記録室2・参照)、うち岡山市は114局で残り8局とすることができた。 (本年5.24より北区の竹枝簡易局が移転再開、残りは9局になる。)(記録室3・参照)
息子の方は大学4年・大学院2年を終えて、浜松の企業に就職し、地元に戻ってきたのだが、私・稲生の岡山めぐりはまだ続くことになる。

港の隣りにある犬島アートプロジェクト (手前)犬島と(後ろ)小豆島 フェリーから見た犬島
翌日乗船した小豆島へ向かうフェリーからの撮影

インデックスへ  郵便局めぐり・ 堺・石川・いわき編・写真(12)へ  ぶらり小豆島へ  ぶらり・目次へ