ぶらり周防・平郡島めぐり


訪問日20-11-25  作成日20-12-02  地図

山口遠征の二日目に平郡島への渡島を計画しており、折からのコロナ禍の中、門前払いになるのか乗船券を買うまで心配していたのだが、何とか無事に渡島して往復することができた。私のとったコース・乗船時間・感想等は次のとおりである。

宿泊地の柳井駅7:59発の山陽本線にて1駅先の柳井港駅8:01着で下車、正面に見える柳井港フェリーターミナル横のコンビニにて昼食用の食糧を調達してからターミナル切符売場に向かった。
柳井港8:30発の平郡航路のフェリー・へぐりに乗船。片道1時間にて最初の寄港地・平郡西港に到着。ここでは車1台と4人ほどが下船し、乗船者は無し。その後島の南側に沿って進み、五十谷三島という景勝地より北上し北側に廻りこんで間もなく平郡東港に10:10の定時に到着。車2台と自分を入れて5人の下車。(@1,570円)
目的地の『平郡郵便局』まで約650㍍徒歩7分のところも、倍の時間をかけて訪問。郵便局でも十分の時間を取り貯金と会話をすまし、とりあえず平郡東集落の西側の羽仁地区内を散策してみた。
この日は最高気温17℃の快晴で風もなく、ある意味散策日和である。何しろ現地滞在時間は3時間50分もあるのだが、地元民の目も気になるので、集落内は急ぎ足で見学し、海岸沿いのベンチや岸壁で休憩をとり、時を過ごしていった。
(下段に続く)

柳井港フェリーターミナル 平郡行きフェリー 平郡島・五十谷三島
平郡東小学校(休校中) 平郡出張所 目的の場所『平郡郵便局』 平郡診療所
平郡東中学跡・校歌碑 平郡駐在所 平郡東港 フェリー船内
今年3月末までは児童が在籍していた小学校も休校中となっており、島には静けさだけが支配していた。小学校の職員室だった場所が市役所出張所に変更になっており、そこで尋ねたところ、現在4歳の幼児がおり、その子が学齢期となれば、再び開校するとのこと。
その後も、フェリー待合所での休憩や東端の恵比寿様・防波堤完成記念碑など集落の東側を散策し、時を過ごしていった。
14:00発のフェリーには15分前から乗船ができ、往路と同じくらいの乗船客を乗せて、平郡西港へは接岸だけで乗り降りが無く、柳井港には5分早着の15:35に到着した。(@1,570円)
柳井港の最寄りの柳井港郵便局を、柳井市内訪問時に敢えて未訪問としており、そこを訪問して二日目は2局の訪問とした。

こちら のブログも参照してみてください。)

インデックスへ  郵便局めぐり・島根・宮城編・写真(16)へ  安芸・阿多田島&周防・祝島めぐりへ

周防・柱島めぐりへ  周防・浮島・八島めぐりへ  ぶらり・目次へ