ウクレレはハワイで生まれた楽器です。

そのルーツはポルトガルのブラギーニャという楽器す。

ブラギーニャはウクレレを細くした感じの楽器で4本の弦が張ってあります。
調弦はウクレレより5度高い「オープンG」のようです。

ハワイに渡ってウクレレとなった時、調律を下げたようです。
気候の影響もあるのでしょうか?

ウクレレを調弦したあと音がくるいやすいのは、それが関係していると思われます。

しかし、ハワイのゆったりした癒しのウクレレサウンドには独特のものがありますね。

現在でも人気のある楽器です。