美空ひばりが唄う「みだれ髪」に出てくる塩屋岬灯台は、福島県いわき市の塩屋岬に立つ、白亜の美しい大型灯台です。周辺は、磐城海岸県立自然公園に指定され、太平洋に臨み「日本の灯台50選」にも選ばれています。

 この曲の作詞のため福島県いわき市にある塩屋岬灯台を訪れた星野哲郎はそのときの模様をこう語っているそうです。

 「夕陽を受けて灯台がシルエットになったとき、それはひばりさんの立ち姿に見えた。ここ数年のうちに母や弟を亡くし、その悲しみに気丈にも立ちあがった孤独な女王の姿と灯台が重なった」

 この歌が大ヒットして1年半後の1989年6月24日、ひばりは天高く飛び立った。塩屋岬にはひばりの遺影碑と歌碑が立っている
      〜以上ネットより〜

 午前中の大正琴教室のみなさんも「みだれ髪」を演奏しています。